北九州の氏神様-河守神社-

0
940

 

中間から若松まで続く人口の川、「堀川」の守護神です。

江戸初期の遠賀川は、大雨の度に洪水を起こして、近隣の村に大きな被害をもたらしたそうです。
そこで、堀川の工事が開始されました。
工事を計画した筑前藩主黒田長政の死去や、藩の財政難などの理由から、途中100年もの間、工事が中断していたそうですが、大飢餓を契機に再開され、着工から180年以上もかけての完成となったそうです。

 

1472204570199

1472204574963

1472204573687

工事の難所が、吉田車返から折尾大膳に至る岩山で、金槌やノミを使って、7年もの歳月をかけて切り開いたそうです。
工事のノミの跡が現在でも岩肌に残っています。

1472204566996 1472204552401

 

石炭の最盛期には、石炭を乗せた多くの五平太船が、若松まで石炭を運搬し、にぎわいをみせていたとのこと。

1472204572805

河守神社の祭神は、大山祇神(山の神)、罔象女神(農業用水の神)、興玉神(土地の神)です。

 

 

河守神社:
福岡県遠賀郡水巻町吉田字車返2078番

シェア
前の記事うまいっちゃ北九州 ~vol.1. カトレアの「たこ焼き」
次の記事求人みっけ!
八幡西区居酒屋です。北九州台所「旦過市場」八幡西の台所「相生市場」その相生市場にある新鮮な食材を使った海鮮居酒屋!!オススメは旬な鮮魚7種を使った海鮮丼と鮮漁盛り(7種×4貫で1,500円)!!安さの秘密は独自の仕入ルート!卸市場から直送、さらには漁師直も! お一人での晩酌から、団体様60人収容可能な宴会場、もちろん個室も完備・・・様々なご利用が可能です♪ ついつい長居してしまいそうな 、居心地の良いアットホームな店内でごゆっくりお寛ぎください♪

コメントなし

返事を書く

CAPTCHA