うまいっちゃ北九州 ~vol.1. カトレアの「たこ焼き」

0
826

 

皆さんは、どんな瞬間に「I am very happy now.」と感じますか?

幸せの感じ方は、三者三様だと思いますが、老若男女、共通したシュチュエーションとして「美味しいものを食べている時」というのがあるのではないでしょうか?
美味しいものと出会うと、自然と笑顔になりますよね。

食べることが、大好き。
食いしん坊の私が、お薦めしたい笑顔の素を、北九州のお店を中心に、不定期でご紹介していこうと思います。

あのお店も、このお店も・・・とはやる気持ちを抑えて、
記念すべき第1回は、若松区のカトレアさんの「たこ焼き」をご紹介します。
若松出身の私の御用達の一品です。

まずは、カトレアさんのたこ焼きの特徴をまとめてみます。

1. お醤油味
2. もっちり食感
3. 初回「う~ん・・・」からのリピート

 

お醤油味

なんといっても、これがカトレアさんのたこ焼きの最大の特徴。
ソースではなく、お醤油味だということもですが、まずはそのシンプルな見た目に戸惑う方も多いようです。
熱々のたこ焼きの上に、ソースの照りで仕上げたお馴染みのルックスに慣れていると、違和感は半端ないです。

img00946 具は、タコ・ネギ・天かす。
天かすは、お店で販売されているイモ天や魚介の天ぷらなどを揚げた際に出る天かすを使っているそうで、いい具合に旨味が加わっています。

img00920
鉄板の上で、生地がフツフツッとしてきた頃、お醤油が生地に垂らされます。
熟練の技でまんべんなく均等に・・・と言いたいところですが、そこは人の手。それぞれのたこ焼きに注がれるお醤油の量には、微妙なバラつきがでます。
そしてそこから生まれる『味の不均等さ』こそが、お醤油味たこ焼きの醍醐味だと思います。
微妙に薄い味、微妙に濃い味、そしてジャストに自分好みの味・・・1玉、1玉、味を探りながら頬張るのは、小さな楽しみです。

 

もっちり食感

外はカリカリ、噛むと中からトロっの揚げ焼きタイプのたこ焼きも、おいしいですよね。
それはそれで、大好きです。
ですが、カトレアのたこ焼きは、これとは全く異なる食感です。

もっちりもちもちのお団子のような食感。
小粒ですが、腹もち抜群です。

 

初回「う~ん・・・」からのリピート

地味な見た目、お醤油の素朴な味・・・
一般的なコックリとしたソース味のたこ焼きとはまったく別物と思った方がいいかも知れません。
ですが、たこ焼きに焼き込まれたお醤油が少し焦げた香りと、もっちもちの食感は、しばらく経つと、『もう一度、食べてみたい。』と思う、クセになる味なのです。

 

 

img00911

たこ焼き 350円/パック
赤い軒先テントが目印。

 

img00913正面は若松駅。お店から、徒歩3分です。
筑豊本線は、1時間に2本位と本数も少ないので、発車時刻までお時間のある方は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

img00912若松駅と反対側は、同じく徒歩3分で若戸大橋登り口。
お店の隣には、コインパーキングがありますが、ほとんどの人がお店の前に停めて、ちゃちゃっと購入しているようで、お店の前には、いつも車が停まっています。
タクシーのドライバーさんに人気なのでしょうか、タクシー停車率高い気がします。

 

カトレア:
北九州市若松区白山1丁目9−2‎
JR若松駅徒歩3分
定休日:火曜日

コメントなし

返事を書く

CAPTCHA