戦前写真絵葉書にみる郷土の歴史「門司日銀」

0
608

現在の北九州市門司区栄町の門司生涯学習センターのところには、日本銀行門司支店があった。

「大阪以西金融の便を謀る」ことを目的に、大阪に次ぐ西日本で2番目の支店として明治26年(1893)10月1日に日本銀行西部(さいぶ)支店が開業。仮店舗が、赤間関市西南部町(現:下関市南部町)に設置され、初代支店長には、後に日銀総裁や大蔵大臣、内閣総理大臣などの要職を歴任した高橋是清が就任した。

明治31年(1898)10月30日、門司に店舗が完成し、移転。大阪以西の西日本の金融の中枢としての役割を担った。その後、門司には財閥系の銀行の支店が開設されるなどして、一大金融街が形成された。

日本銀行西部支店は、大正6年(1917)に門司支店に改称。昭和39年(1964)に北九州支店となり、小倉北区に移転した。

写真絵葉書にある丸窓とドームが印象的な店舗建物は、昭和20年(1945)6月の米軍による都市空襲で焼失した。

※写真絵葉書は、昭和14年発売のもの。

シェア
前の記事戦前写真絵葉書にみる郷土の歴史「小倉室町」
次の記事九州女子大学さんぽがーるず 【平成27年2月期】告知
菊池 満
Profile : 昭和55年生まれ。北九州市小倉北区出身。北九州市の文化財を守る会常任理事、小倉郷土会世話人。 北九州市で最年少の郷土史家として、市立図書館や市民センター、朝日カルチャーセンターなどで故郷の歴史や人物をテーマに数多く講演。 おもな著書に「森鴎外 小倉時代の業績」(共著)、「北九州市郷土史跡ガイドブック」(共著)など。

コメントなし

返事を書く

CAPTCHA