黒崎祇園山笠2016 直来

0
3287

 

皆様‼

こんにちは‼

各地区でなおらいがあってました🍀🍀🍀

なおらいとは⁉

少し調べてみました🍀🍀🍀

220px-Votive_offering_of_the_Shinto,Katori-jingu,Katori-city,Japan

 

 

 直会  神饌(香取神宮) 直会(なおらい)とは、神社に於ける神事の最後に、神事に参加したもの一同で神酒を戴き神饌を食する行事(共飲共食儀礼)である。 概要 編集 一般には、神事終了後の宴会(打ち上げ)とされるが、本来は神事を構成する行事の一つである。神霊が召し上がったものを頂くことにより、神霊との結びつきを強くし、神霊の力を分けてもらい、その加護を期待する。本居宣長は斎戒を解くこと(解斎)の意としたが、古くからの祭式では祭典の前儀や本儀で行われる例もあり、解斎のみを意味すると解するのは誤りである[1] 神社から餅などを頂く場合にいう直らうも似た意味の言葉である。 神社本庁が定める「神社祭式」では、どの祭式・祭祀でも必ず直会を行うとし、その具体的な作法も定めている。なお祭祀によっては故実による独自の作法が伝わっているものもあり、この場合はそれに従うものとされている。 季節の野菜・魚介類などが神饌として供えられた場合は、それらを調理した物が出される場合が多い。このため、神社によっては直会での料理は郷土料理と同一の場合がある。 神事によっては祭祀者が神と一緒に食事をすると言う物もあるが、この場合は決められた神饌であることが多く、直会とは異なる神事である。 語源 次第 脚注 編集 [ヘルプ] 注釈 編集 ^ 本居宣長は「奈保理阿比(なほりあひ)の切(つづま)れる也(なり)、 直(なほ)るとは、斎(ものいみ)をゆるべて、 平常(つね)に復(かへ)る意也」と指摘している。 (『続紀歴朝詔詞解(しょっきれきちょうしょうしかい)』) 参考文献 編集 ^ 沼部春友; 茂木貞純 『新神社祭式行事作法教本』 戎光祥出版、2011年、260–266頁。 ^ 石川純一郎、「直会」、桜井徳太郎編 『民間信仰辞典』 東京堂出版、1980年、211, 212頁。  この項目は、神道に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています

皆さん良い汗と疲れをみせないカッチョエェ顔しとりましたバイ❤❤❤

 

自分も全部の地区に行って直会を観たかったのですが何せ一人なもんでドラえもんの何処でもドアや分身ノ術が出来たらと想いました🍀🍀🍀

後もう少しWi-Fi全快追い込み中の中山 諭でした🍀🍀🍀

 

ご清聴ありがとうございました🎶.

🎶🎶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェア
前の記事黒崎祇園山笠2016 東町山笠‼
次の記事【イベント情報】夏休みに子供と遊ぼう!学ぼう!まとめ2016
八幡西区居酒屋です。北九州台所「旦過市場」八幡西の台所「相生市場」その相生市場にある新鮮な食材を使った海鮮居酒屋!!オススメは旬な鮮魚7種を使った海鮮丼と鮮漁盛り(7種×4貫で1,500円)!!安さの秘密は独自の仕入ルート!卸市場から直送、さらには漁師直も! お一人での晩酌から、団体様60人収容可能な宴会場、もちろん個室も完備・・・様々なご利用が可能です♪ ついつい長居してしまいそうな 、居心地の良いアットホームな店内でごゆっくりお寛ぎください♪

コメントなし

返事を書く

CAPTCHA