【北九州のイベント】響ホールワンコインコンサート~仲道郁代ピアノ・リサイタル~ (八幡東区)

0
777

♪響ホールリサイタルシリーズ 今年度第二弾♪
国内外で活躍を続け、いまや日本を代表するピアニスト・仲道郁代が、
オール・シューマン・プログラムを、トークを交えてお届けします。
清らかで美しく、ロマンティックなシューマンの珠玉の名曲を携え、
響ホールを美しいピアノの響きで彩ります。

~~曲目~~
アレグロ ロ短調 Op.8
幻想小曲集 Op.12
「森の情景」より第7曲“予言の鳥”Op.82-7
ピアノ・ソナタ 第1番 嬰ヘ短調 Op.11

□日時: 9月7日(土)14:00開演(13:30開場)
□会場:北九州市立 響ホール
□料金: 一般¥3000、25歳以下¥2000
*全席指定 *未就学児入場不可 *前売当日同一料金

■チケット好評受付中

■チケット取扱:
〇響ホール ・窓口9:00~18:00
・電話予約093-663-6661/9:00~18:00(土日祝除く)
・オンラインチケット(響ホール音楽事業課HP)
〇北九州芸術劇場プレイガイド
〇チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード:149-127)
〇ローソンチケット(0570-084-008/Lコード:81981)

\要事前申込・無料/
仲道郁代が曲目を解説♪アナリーゼワークショップ
コンサート前日に、聴きどころを演奏家自身がわかりやすくお話しします♪
チケットをお持ちでない方もお申込みいただけます。
□日時:9月6日(金)18:30~19:15
□会場:響ホールステージ上

▼公演詳細はコチラ
http://www.kicpac-music.jp/performance/series/2019_series02.html

◆◆仲道郁代 プロフィール◆◆
桐朋学園大学1年在学中に第51回日本音楽コンクール第1位、増沢賞を受賞。ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位、メンデルスゾーン・コンクール第1位メンデルスゾーン賞、エリザベート王妃国際音楽コンクール第5位と受賞を重ね、以後ヨーロッパと日本で本格的な演奏活動を開始。
これまでに国内の主要オーケストラと共演する他、マゼール指揮ピッツバーグ交響楽団、バイエルン放送交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ズッカーマン指揮イギリス室内管弦楽団(ECO)、フリューベック・デ・ブルゴス指揮ベルリン放送交響楽団、P.ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団など海外オーケストラとも多数共演。CDはソニー・ミュージックジャパンと専属契約を結び、「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」(レコード・アカデミー賞)他、「モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集」など、高い評価を得ている。著書に『ピアニストはおもしろい』(春秋社)等がある。
2017/2018シーズンより、ベートーヴェン没後200周年の2027年に向け、「仲道郁代 Road to 2027 プロジェクト」をスタートし、リサイタルシリーズを展開している。
一般社団法人音楽がヒラク未来代表理事、一般財団法人地域創造理事、桐朋学園大学教授、大阪音楽大学特任教授。
オフィシャル・ホームページ http://www.ikuyo-nakamichi.com

 

 8月のその他イベントはこちら 

 

コメントなし

返事を書く

CAPTCHA