【北九州のイベント】(終了間近) 出光美術館「茶の湯の意匠―春から夏へ」 (門司区)

0
99

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止や延期の可能性もあります。
お出かけの際には、主催先に確認をお願いします。


出光興産株式会社の創立者 出光佐三が収集した美術品を主に、日本の書画、中国・日本の陶磁器などの美術品を展示する「出光美術館(門司)」。

今回の展示は、「茶の湯の意匠―春から夏へ」。
中国より請来された喫茶の風習は、日本人の美意識を反映しながら茶の文化をつくりあげました。江戸時代になると、亭主は四季の風情に合わせて茶道具を取合せたり、季節の花を活けたりして茶席を飾り、客をもてなします。本展では、萌えいづる草花を愛でる春から、若葉薫る初夏を経て、涼を求める夏へ、うつろう季節を思い浮かべながら作品を選びました。茶道具にうつる四季の意匠を通して、それぞれの季節を感じていただければと思います。

■開催日時
2024年4月19日(金) ~6月23日(日)

■開催場所
出光美術館 門司

■URL
http://s-idemitsu-mm.or.jp/exhibition/present/

 

コメントなし

返事を書く

CAPTCHA