【北九州のイベント】出光美術館「没後100年 富岡鉄斎-最後の文人」(門司区)

0
105

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止や延期の可能性もあります。
お出かけの際には、主催先に確認をお願いします。


出光興産株式会社の創立者 出光佐三が収集した美術品を主に、日本の書画、中国・日本の陶磁器などの美術品を展示する「出光美術館(門司)」。

今回の展示は、「没後100年 富岡鉄斎―最後の文人」。
富岡鉄斎(1836-1924)は、幕末から明治時代の激動する近代を生きた儒者です。日本が急速に西洋化を推し進める時代にありながら、東洋の古き文化に親しみ、万巻の書を読み、万里の路を行った鉄斎は、「最後の文人」ともいわれます。学者としての矜持をもって人生を歩んだ鉄斎は、一方で豪放磊落な筆致と繊細な色彩感覚をあわせ持つ、独自の画境を切り拓いた画家でもありました。没後100年を迎える本年、出光コレクションの鉄斎絵画の名品を通して、その唯一無二の魅力に迫ります。

■開催日時
2024年7月5日(金) ~8月18日(日)

■開催場所
出光美術館 門司

■URL
http://s-idemitsu-mm.or.jp/exhibition/index.php

 

コメントなし

返事を書く

CAPTCHA